アクセス解析におけるPDCAとは?その本質を図説する。

アクセス解析におけるPDCAとは?その本質を図説する。 Webマーケ
スポンサーリンク

Web系の業務ではPDCAという言葉が乱発されます。

PDCA、Plan → Do → Check → Action、PDCA、Plan → Do → Check → Action、PDCA。

…うるさい!笑

意味は誰でも分かる言葉ですが、実際にアクセス解析でPDCAを具体的に行うというのはどういうことか、明確に教えてくれた人はいますか?

今回PDCAとは何か、に一つの解を出します。

それが次の図です。

アクセス解析におけるPDCAとは?その本質を図説する。

時系列的に説明します。

スポンサーリンク

とりあえず何かを実施する。ABテストできれば理想。

Webデザインでもいいし、運用型広告でも良いし、キャッチコピーでもいいし、広告文でもいいし。

何かをとりあえず走らせてみて下さい

ここで大事なのは、仮設、ではなく実施すること。

しかし、初めは1つのプランだけを走らせても、時系列的に「その前」が存在しないので、ABテスト的に複数のプランを走らせたほうが良いです。

LPなら2パターン作る、広告文なら複数パターン作る。

そして公開してみて、反応を見る。

ABテストから1つに絞る

反応が良かったほうを残し、反応が悪かった片方を消す

ABテストの反応をテストする期間は商材によって異なりますが、適当に1週間くらい走らせればOKです。

観察する

反応が良かった実施策を経過観察します。これの期間を最初は適当でいいと思います。1週間位?

指標が悪くなったら改善する

そして指標が悪くなったら即、下記の3つのうちのどれかを実施します。

  • 今のやり方を変えず様子を見る
  • 今のやり方と並列して他のやり方を試す
  • 今のやり方を辞め他のやり方を行う

おすすめは、「今のやり方と並列して他のやり方を試す」ですかね。

ここでの盲点は「今のやり方を変えず様子を見る」も立派な施策であるということ。

「今はだめでも、これはコンテンツの問題ではなく、気候の問題だ」と考えられれば、施策はそのままで気候が変わるまで待ちます。

それでも改善されなかったら、施策自体を変えることになります。

これ以降は、「観察する」→「指標が悪くなったら改善する」を繰り返す

「観察する」→「指標が悪くなったら改善する」を繰り返す 。

改善の方法は繰り返しになりますが、次の3つです。

  • 今のやり方を変えず様子を見る
  • 今のやり方と並列して他のやり方を試す
  • 今のやり方を辞め他のやり方を行う

最後に大事なこと、悪化の時間を改善の度に短くしていくという意識を持つこと

悪化の時間が短ければ短いほど良いのは、数値的には明らかです。

その時間が短変えれば短いほど、良化の総量が増えていくからです。

しかし、難しい点は、「10秒でも悪化したら変えたほうが良いの?」という極端な意味ではないという点です。

反応数やサンプル数の最低量を決めて、その最低時間を決め、可能な限り短い時間で悪化を食い止めます

以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました