【2019年】自然検索での検索順位によるクリック率は?【最新版】

Webマーケ
スポンサーリンク

下のサイト(英語)を参考にし、Googleの自然検索の順位(2019年)とクリック率の関係を解説いたします。Googleは言うまでのもなくアメリカの企業のため英語情報の方が詳しくかつ量が多いため大変ですが、海外のサイトの情報も見ていく必要がありますね。

We Analyzed 5 Million Google Search Results. Here's What We Learned About Organic CTR
An industry study that looks at Google's current organic CTR.

また画像は、このサイトの素材を借用し私の方で日本語訳に加工修正したものを掲載しております。

調査したサイトとキーワードの数ですが、874,929ページと5,079,491の検索ワードでクリック率のデータを分析したようです。膨大な数量のため信憑性はかなり高いです。

スポンサーリンク

検索順位1位から10位までのクリック率の内訳

検索順位1位から10位までのクリック率の内訳は次のようになっています。

Googleでの検索順位1位のクリック率は、10位の結果と比較して約10倍程度高くなっています。

SEO分野に詳しい方は、この結果は何も驚くべきことではありません。ランキング1位のポジションのサイトは他の順位のサイトに対して飛躍的にクリックされる割合が高いことはよく知られています。多くのGoogleユーザーは直感的に最初の検索結果をクリックするのです。

2ページ目以降をクリックする人はほんの僅か

Googleの自然検索では、11位以降は2ページ目に表示されれますが、2ページ目の検索結果をクリックする人は、全体のわずか0.78%にとどまっています。ほぼすべての人が何かワードを検索したとき、1ページ目に表示される結果のみをクリックし、それ以降はクリックしません。

Google自然検索での検索順位1位のクリック率は31.7%を占める

検索順位1位のクリック率は31.7%で、約3分の1の人は検索結果で一番上に表示されているサイトをクリックしています。1位表示になれば全体の過半数のクリックが集中することから、サイトへの流入数も飛躍的にあがります。特定のキーワードでの表示1位を目指す理由がここにあります。

実際検索されている数の大体の目安はキーワードプランナー等で調べる事ができますので、その31.7%の流入が見込まれると計算すれば実際のクリック数の概算も割り出すことができます。

キーワードプランナーの使い方は以前の記事で紹介しておりますのでご参照ください。

検索上位3位までのクリック率は75.1%を占める

検索順位1位~3位までのクリック率は75.1%を占めています。これも驚くべき数字です。ほぼ7割~8割の人はランキング3位までの記事をクリックしているということで、その逆、つまり4位以降のサイトはそれだけクリック率が低いということになります。

つまり、SEO対策で具体的に「何位以上を目指せばよいか」という問いの答えは「3位以内」となります。割合のグラフで見ると5位と6位の壁もありますので、理想としては「1位」、具体的な目標としては「3位以内」、許容範囲としては「5位以内」に位置していないと、正直自然検索での流入はあまり見込まれないと考えて良いでしょう。

厳しい事実ですが、これは客観的なデータに基づく数値ですので、真に受け止め頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました