美容院をリスティング広告で集客させる【広告文のオプション設定】

Webマーケ
スポンサーリンク

前回の記事でリスティングの広告文の考え方を解説しました(→美容院をリスティング広告で集客させる【広告文を考える】-セントーブログ)。これは基本中の基本ですが、Google広告では、様々な表示オプションがあります。

結構な種類のオプションがありますが、実際に使っていくオプションは以下の4つだけでOKです。

  • サイトリンク
  • 電話番号表示
  • コールアウト
  • 構造化スニペッ

1つ1つ解説していきます。

スポンサーリンク

サイトリンク!

サイトリンクとは文字通り、サイトへのリンクのことです。

広告文からは1つのページにしか飛べません。大体広告文からの基本リンクは自分の店の公式サイトのトップページヘ飛ばします。

サイトリンクとは、その他のページへ直接ワンクリックで飛ばす設定になります。

これは、何の意味があるかと言うと、ユーザーがワンクリックで求めている情報にアクセスできるということです。例えば、あなたの美容院への地図を確認したとき、サイトのトップページへ行ってから、地図へ移動するのではなく、広告文から直接地図が確認できます。

サイトリンクについては以下を覚えましょう。

  • 最大6個まで設定可能
  • サイトリンクごとに説明文が2つ設定可能

試しにサイトリンクを4つ設定してみましょう。

  • サイトリンク1:案内図はこちら
  • サイトリンク2:メニューはこちら
  • サイトリンク3:予約はこちら
  • サイトリンク4:お問い合わせはこちら

すると、こうなります。

リスティングテキストのサイトリンクオプション

また、説明文を2つずつ設定することができますがプレビュー表示ができないので、Appleの広告分を参考に見てみます。PC版です。

それぞれのサイトリンクに2行ずつ説明文がありますね。これです。これも登録しておきましょう。

サイトリンクを登録する最大のメリットは「表示スペースが大きくなる」、ということです。サイトリンクを入れればそれだけ広告表示スペースが増えますので、絶対に登録しましょう。クリック数が増えます

電話番号表示!

電話番号表示はわかりやすいですね。

リスティング広告の電話番号オプション

電話番号表示オプションを表示て直接広告文からあなたのサロンへ予約の電話をかけられるようになります。

これも絶対に登録してください。

コールアウト!

コールアウトとは、以下の写真を見て下さい。

リスティングテキストのコールアウトオプション

標準の説明文の下にいくつかの単語が表示されていますね。これです。

ここでは以下を設定してみました。

  • カラーリング
  • パーマ
  • シャンプー&ブロー
  • トリートメント

ここに入れる文はぶっちゃけなんでも良いのですが、伝えたいことや特にお得なサービスを短文で的確に表し、それを並べることができます。

通販サイトなら「送料無料」とか「即日発送」とか入れている広告が多いですね。

初回クーポン」とか「指名料無料」とか金銭的なメリットを入れるのでも良いし、サービス内容として「トリートメント」「縮毛矯正」とか入れても大丈夫です。

これは上の2つのようにマストではありませんが、設定することでこれも表示スペースが増えますので、入れておきましょう。

構造化スニペット!

構造化スニペッドとは、ある特定のカテゴリーの説明をする設定です。

そのカテゴリーはすでに決められていて以下の13個になります。

  • おすすめのホテル
  • コース
  • サービス
  • スタイル
  • タイプ
  • ブランド
  • モデル
  • 学位プログラム
  • 周辺地域
  • 設備
  • 到着地
  • 番組
  • 保険の保障

このカテゴリーの内、美容院で使えるのは、

  • サービス
  • スタイル
  • 周辺地域

あたりかと思います。

下のサンプルでは、「周辺地域」でエリアを入れてみました。

リスティング広告の構造スニペッドオプション

自分の店のサービス内容や、得意なスタイルや、どこの地域の人をターゲットにしているか、そのカテゴリーの情報を伝えるためのオプションとなります。

これも得に必須ではありませんが、入れておいて損はない設定なので入れておきましょう。

広告表示のオプションはこの4つを押さえておけば問題ありません

事前に考えておき、入稿時スムーズに設定できるようにしておきましょう。

それでは以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました