美容院をリスティング広告で集客させる【広告文を設定する】

Webマーケ
スポンサーリンク

リスティングを始める前に考えておかなければならないことが2つあります。

それは、キーワードと広告文です。

今回は広告文について説明していきます。

スポンサーリンク

広告文の基本 見出しと説明文

リスティング広告の広告文は以下のように表示されます。

一番目立つ部分に表示されるのが「見出し」次に読まれるのが、「説明文」となります。

リスティングテキスト見出しと説明文

見出しは以下の条件で入稿できます。

  • 3つまで
  • 1つあたり半角30文字、全角15文字以内

説明文は以下の条件で入稿できます。

  • 2つまで
  • 1つあたり半角90文字、全角45文字以内

広告文を作成する時のコツはこれ(→効果的なテキスト広告を作成する-Google広告ヘルプ)が参考になります。

色々書いてありますが、次の2点をおさえれば基本的にOKです。

  1. 設定したキーワードを入れる
  2. クリックしたくなるPRポイントを入れる

1つ1つ説明していきます。

設定したキーワードを入れる

設定したキーワード、例えば「水天宮前 美容院」とキーワードを設定した広告文には、そのワードを入れ「水天宮前の美容院なら」などの見出しを入れます。

この理由としては、ユーザーの検索するワードは、ニーズそのものだと考えていいので、例えば、「水天宮前 美容院」と検索された際に、「中央区の美容院なら」や「おすすめの美容院」などを表示するより、キーワードズバリを入れたほうが、ユーザーは目を引きますし、クリックします

さらに、キーワードを見出しや説明文に入れると広告の品質が上がり、金額を多くかけずとも上位表示されたりします。

広告の品質と上位表示の仕組はこちらの記事(→リスティング広告を上位表示させる方法。入札の仕組みとか、品質スコアとか。-セントーレポート)で書いております。

クリックしたくなるPRポイントを入れる

そして説明文には、クリックしたくなるPRポイントを入れます。例えば、「初回限定クーポンあり。ヘアカラーは高い技術でキレイに定着。毛質を損なわない独自の方法で行います。」といった説明文を入れます。

見出しと広告文を実際に作ってみる

Google広告の実際の設定画面はこのような形になっています。

Google広告広告文設定画面

見出しを2つ考えます。見出しは3つまで設定できますが、スマホでは表示幅が狭いので、見出し3は表示されないかもしれないものとして、大事な要素は見出し1と見出し2に入れます。

  • 見出し1:水天宮前の美容院なら
  • 見出し2:セントーサロン
  • 見出し3:ヘアカラー

次に説明文を考えます。これも2つ設定できますが、2つ目は上記と同じ理由で表示されないケースがありますので、大事な内容は説明文1に入れます。

  • 説明文1: 初回限定クーポンあり。ヘアカラーは高い技術でキレイに定着。
  • 説明文2: 毛質を損なわない独自の方法で行います。お気軽にご相談ください!

これを実際に入力してみると、次のような広告文になります。

はい!どうですか?クリックしてみたくなる、実際に予約してみたくなる広告文になりましたでしょうか?

実際の美容師さんで、お客さんとたくさんコミュニケーションを重ねている方であれば、本当にユーザー(検索者)が悩んでいることや解決したいことを熟知しているでしょう。うちの美容院はそれの解決をできるよ、という形で広告文を作成してみてください。

私より何倍もグッと来る広告文が考えられるはずです。

また、広告文上で表示さたものを1パターンとして考え、何パターンも作ることができ、キーワードによってどの広告文を表示するかが設定できますので、「水天宮前 ヘアカラー」で検索した人にはこの広告文、「水天宮前 前髪カット」で検索した人には、この広告文といったことが出来ます。

それでは以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました