未経験転職での志望動機の答え方は?考え方のフローとともに徹底解説

アクセス解析を行うべき5つの理由 転職
スポンサーリンク

未経験業種への転職の際、考えるのに一番苦戦するのは「志望動機」ですね。私も実際に経験してみてかなり苦戦しました。考えるのが難しい理由は次のようなことがあるからだと思います。

今までの業務経験がそのままでは通用しないため、「今までの仕事で〇〇の結果を残しかつそれが好きだから、次の会社でその部分を伸ばしていきたい」というストーリーの組み方が基本的にできない

そこで、志望動機を実際の経験ベース(これこれをやってきたからそれを更に伸ばしたい)ではなく、願望ベース(これこれをしたいから御社ではそれが叶えられる)で考えていく必要があります。

その願望ベースで志望動機を作っていくフローを作成しました。まずは全体を説明しますと、「転職先の会社選びの軸」を決め、その理由を説明できるように考えます。その次に「企業研究」をし、自分の軸に合致する要素をピックアップし、自分の会社選びの軸とと御社が合致しているから志望する=「志望動機」とします。

志望動機を考える際に、「まずは10年後の目標を決める、そして逆算的にその企業が合っている、という理由を志望動機にする」みたいなことを転職希望者に勧める書籍などがありますが、際問題10年後の目標なんて決まってないですよね。

決まっている人ならばなんの問題もないのですが、私が作成したフローではその「10年後の目標」にあたる箇所を「会社選びの軸」と置き換えています。これはかなり具体的な話になるので、考えやすいことにメリットがあり、また面接官としても現実味があり聞きやすいです。

それでは、実際に一つ一つフローを説明していきます!

スポンサーリンク

未経験転職での志望動機を作るために。フロー1:「会社選びの軸」を考える。

「会社選びの軸」とは、ストレートに「こういう会社に入りたい」という願望です。これは退職する企業の不満を裏返したものでも良いですし、自分の目標をベースに考えてもよいです。まずは自由に正直に考えてみましょう!

今回はサンプルで3つ考えてみました。「次の3つを会社選びの軸としています」と面接で答えられる程度には考え頭の中に入れておきます。そもそも自分の正直な願望なので暗記的にならず覚えやすいですが!

  • インセンティブや表彰があり頑張りが報酬に反映される会社
  • 製品やサービスの専門性が高い技術コンサル的な会社
  • サービスの企画から販売までを一貫して経験できる会社

このとき「何個くらい」考えておけばいいの?という問いには、「最低3個。多ければ多いほどいい」という回答になります。これはこれから説明していくのですが、これがフックになって企業の志望動機になっていくので、数が多ければ多いほど、志望動機が見つかりやすくなります。

フロー2:「会社選びの軸」の「理由」を考える

上記で「会社選びの軸」を考えたら、次はそれに1つ1つ「なぜ」と自分で自分にツッコミ、答えがなくなるまで「なぜ」を繰り替えします。大体最大でも2回繰り返せば、誰にでも説明できるようになります。

  • インセンティブや表彰があり頑張りが報酬に反映される会社 →「なぜ」結果が報酬につながればモチベーションにつながるから
  • 製品やサービスの専門性が高い技術コンサル的な会社 →「なぜ」通常の営業スキルの他、技術的な知識を学べるから →「なぜ」営業スキルだけではつまらないから
  • サービスの企画から販売までを一貫して経験できる会社 →「なぜ」将来自分で何かビジネスをやるとき、企画と販売の両方が必要になると考えているから。

この「なぜ」を考える必要がある理由は、面接で抽象的なことを話すと「なぜ」と「例えば」の問いが必ず帰ってくるからです。自分から話すときは初めは抽象的になっても良いのですが、その問が来たときに自分の中での回答がないと、答えられないためです。

フロー3:「企業研究」と「志望動機」

最後に「企業研究」です。企業研究は具体的に次の方法があります。

  • 公式サイトを見る
  • 社長や社員のインタビュー記事があればを見る
  • 新卒用のリクナビやマイナビのサイトを見る
  • 有価証券報告書を見る

このような情報ソースを読み、自分の「会社選びの軸」と合致している点をピックアップしてください。ここがいちばん重要なのでもう一度いいます。 「会社選びの軸」と合致している点をピックアップしてください。

サンプルでは以下のようにしてみましょう。

  • インセンティブや表彰があり頑張りが報酬に反映される会社 →「企業研究」外資系企業で成果報酬型
  • 製品やサービスの専門性が高い技術コンサル的な会社 →「企業研究」高い技術力と居具王に対し類似できない製品力を持っている
  • サービスの企画から販売までを一貫して経験できる会社 →「企業研究」海外の本社が企画を行い、日本支店では販売のみを行う(=ここは合致していないので志望動機としては排除)

「企業研究」を行い、「会社選びの軸」3つの内、2つ合致しているところを見つけました。この2つがそのまま「志望動機」になります。

先程「会社選びの軸」は何個考えればいいの?という問いのとき「多ければ多いほどいい」といった理由はここにあります。「会社選びの軸」の数が多ければ、企業研究の中でそれに合致する要素を見つけやすくなるためです。

上記を踏まえ、実際に未経験転職での志望動機を答えてみます。

面接官:「志望動機を教えて下さい。」

あなた
あなた

私は転職活動での企業選びの軸として、インセンティブがあり自分の頑張りが報酬として評価される、ということを重要視しています。

御社は成果報酬型で自由な働き方ができ、自分が頑張リ成果を上げれば上げるほど評価される制度のため、自分の希望と合致しており、やりがいをもって仕事に取り組めると考えたためです。

面接官:「分かりました。なぜインセンティブ制度を求めているの?」

あなた
あなた

正直に申しますと前職では、結果を報酬に反映する仕組みがなく、自分の性格的に、結果をだしたらその分評価されたいという気持ちがあり、報酬がもらえることでさらにモチベーションが上がるためです。

なので、インセンティブ制度がある会社に就職したいと考えています。

サンプルの内の1つを会話に出しましたが、何個もいっぺんに答える必要はありません。「他には?」と質問があれば、自分の中で用意したもう一つの回答を話しましょう。

まとめ

まず「会社選びの軸」を考えましょう。次に、その理由も考えて回答できるようにしておきます。最後に、「企業研究」を行い、「会社選びの軸」に合致したものが、そのまま「志望動機」になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました